読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の節目に使いたいWESTソング

人生の節目といっても色々あるのですが、今回は結婚する時と死んだ時の曲を書き連ねていこうと思います。

 

 

 

まずは結婚する時。

 

結婚式で流したい曲を妄想することって、女性なら少なからずあるのでは?と思っております。私もその1人です。

 

 

 

司会:新郎新婦の入場です!皆様、会場入口にご注目ください!

(扉バーン!!!!)

えぇじゃないかーー!!!!!!!』

 

これ。これやりたい。

新郎と謎のフォーメーション組んでやりたい。

 

 

もう1個、別パターン。

 

 

司会:新郎新婦の入場です!皆様、会場入口にご注目ください!

Yo come dance with me…

Baby what you waiting for? It's time.
So this is my invitation, to the night…

(扉バーン!!)

 

これはもうただ「Invitation」だからってだけです。

 扉バーン!!の瞬間には、パリマニの最後の決めポーズで立っていたい。

 

 

 

司会:さぁ、新郎新婦、お色直しを終えて再び入場となります。皆様、会場入口にご注目ください!

(扉バーン!!)

『エエやんけェ!!!!』

 

これもやりたい。

新郎新婦共に羽根のモフモフ巻いて、ハートのグラサンしたい。

そのままキャンドルサービスとかやりたい。

『エエやんけェ!!』だけじゃ時間足りないかもしれないから、『アカンLOVE』もくっつけて流したい。

 

 

 

お前は結婚式をなんだと思ってるんだ、というご指摘は遠慮しておきます。

 

 

 

 

あとは、死んだ時。

 

火葬の手前ですね。

最期のお別れをする間、『ラッキィスペシャル』を流して欲しい。

 

おっしまい♪

(釜の蓋バーン!!)

 

これくらいのテンションで見送られたい。

 

しんみりされるよりは笑って見送って欲しいなー、っていうのが希望。

 

待ってる間も『あいつホントにアホだったよなー(笑)最期までアホだなー(笑)』って談笑するくらいのテンションに持っていきたい。

 

 

 

どれにしろ『ふざけんな』と言われそうな気はするけど、気にしない。